明治元年創業の京都市の老舗店として新畳・表替え・裏返しのオーダーに丁寧に対応

お問い合わせはこちら

京都市の畳・藤井畳店の評判

縁なし畳・カラー畳などのデザイン畳もご案内

京都市の畳・藤井畳店の評判

ご紹介している畳においては、縁つき畳・縁なし畳・カラー畳といったバリエーションをご用意し、お客様のご要望に合わせて、お部屋を空間コーディネートいたします。縁つき畳は、畳縁のデザインに趣向を凝らしたり畳サイズを指定したりすることによって、お部屋の雰囲気を演出することができます。縁なし畳・カラー畳は、アート感覚でお部屋の空間を演出できる点が特長です。
また一般的な畳施工として、新畳・表替え・裏返しといったオーダーにも丁寧に対応いたします。


デザイン畳縁・畳サイズを好みや都合に合わせてカスタマイズ

昨今の日本の家屋においては洋風の間取りが増え、床もフローリング仕立ての建物が多いのが現状です。そんな状況の中、日本の伝統文化である畳の良さをアピールするべく、様々なデザイン畳をあしらった生活空間の演出をご提案しております。畳と言うと、畳縁が付いた畳が最も一般的なイメージとして知られており、こうした縁つき畳においては、畳縁のコーディネートや畳サイズを指定することによって、畳テイスト・機能を生かしたお部屋を演出することができます。
畳縁には色・柄・デザインにおいて豊富なバリエーションが用意されており、様々な和テイストのパターンをあしらった畳縁のラインナップは眺めているだけで、楽しくなるほど遊び心をくすぐられる楽しいデザインがそろっています。こうしたデザイン畳縁と畳のサイズを、ご自身の好み・ご都合に合わせてカスタマイズすることで、オリジナルの畳ルームを演出できます。

アート感覚での空間を演出できる畳をご用意しています

畳のバリエーションとしては、縁つき畳以外にも、縁なし畳・カラー畳をご用意しております。縁なし畳とはその名前の通り縁がない畳のことで近年徐々に普及が進み、そのデザイン性のシンプルさがモダンな雰囲気を演出すると評価され、人気が高まってきています。通常半畳で仕上げ、市松模様になるよう敷いていきます。カラー畳は機能性とカラーバリエーションを追求した畳で、イ草の風合いや肌触りが、モダンなデザインとシンプルな形で表現されています。
縁なし畳・カラー畳は、一般的な畳のイメージに抵抗がある方でも、アート感覚での空間を演出できる点が特長で、お電話・メールフォームにてお客様のご意向・お部屋のイメージをお聞かせいただければ、お部屋に合わせたデザイン畳のコーディネート案をご案内いたします。手縫いの高級ブランド畳・京たたみで、オリジナルの和の癒やし空間を演出いただけます。

ベテラン畳店として新畳・表替え・裏返しのご依頼に対応

畳に関するオーダーは大きく分けると、新畳・表替え・裏返しの3つのパターンがあります。畳は、直接人に触れるイ草の部分の畳表、畳の芯の部分の畳床、畳の側を補強する畳縁の3つの部位からできていますが、新畳は、畳表・畳床・畳縁ともに、すべて新しくした畳のことを言い、目安として20~40年くらいで新畳の交換時期になります。畳表は、表裏の両面を使うことができますので、畳縁を新しい物と交換して縫い直し、現在使っている畳表をひっくり返して裏面を出して使用することを裏返しといい、一般的に4~6年で行います。表替えは、畳表を新しい物と交換することを言い、裏返しをしてから5~6年が経過して畳の表面が傷んできたタイミングで行います。
こうした畳に関するオーダー・ご相談は、お電話・メールフォームにて随時受け付けており、お問い合わせいただいた案件には、畳のスペシャリストとして丁寧にご対応いたします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。