歴史ある畳店を京都市四条烏丸で営み日本の伝統工芸の技術を継承しています

お問い合わせはこちら

店主挨拶

馴染みのお客様から畳の相談役として頼りにされています

OWNER

老舗の畳店の6代目として地元の皆様にご愛顧いただいております

創業150年の老舗の畳店の6代目として、これまで地元の皆様よりご愛顧いただき、現在は馴染みのお客様から畳の相談役として頼りにされております。ご案内している手縫いのブランド畳は、京都の伝統工芸でもある京たたみです。
手縫いの畳は十分な手入れを行えば100年以上は付けるという製品であり、そうした伝統の技術を継承する身として、後世の方々に日本の良き伝統文化である畳を残していくべく、今後も精進してまいります。


藤井畳店 6代目店主

藤井 資久

藤井 資久

ふじい よしひさ

メッセージ
創業明治元年、今年で創業150年になります。
当時は土佐藩邸の御用達出入の畳店でした。
明治30年に今の地(四条烏丸)に転居し120年になります。

私が6代目を受け継いで17年になります。
先祖代々お付き合い頂いている方や、
既存のお客様からのご紹介によりお仕事を受注しています。

いつも「畳のことは藤井さんに」と言って頂けることが一番の喜びです。

日本の古き良き伝統「畳・TATAMI」文化を後世に残せるよう
畳文化の発信や畳に触れてもらう機会を創造していきたく思っています。
どうぞこれからも藤井畳店を宜しくお願い致します。

閉じる

創業より150年続く伝統の技術を引き継ぐスタッフは、京都四条烏丸にて長年手縫いの畳施工に携わってまいりました。全国的に畳施工は機械製造が主流となっておりますが、京都では今でも京たたみと呼ばれる伝統的な手縫い畳が製造され、神社仏閣で使用される高い技術を要する有職畳はそのほとんどが京都で製造されています。手縫いで製造された高品質な畳は、日々十分な手入れを行えば、100年以上は使用できると言われる製品です。
お客様の人生の中で、畳施工は貴重なオーダーになりますので、お客様の満足度が第一優先であることを基本理念とし、ご提供する畳施工サービスがお客様の快適な生活につながるよう、気配り・心配りの行き届いた丁寧な作業を心掛けてまいります。日本の伝統文化である畳の味わい深さを皆様にお伝えできるよう、これからも尽力してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。